プロフィール

ヒノッチ

Author:ヒノッチ
いらっしゃいませ~!
毎週水曜日、メンバーと京都の色々な店をハシゴした模様を綴っております!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

それ行け!水曜会!!
京都で飲んで食べて飲んで飲んで食べて飲んで飲んで…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【おすすめ店】とり焼き からす天狗
【2010年03月16日(火)UP】
<おすすめの店紹介(105)>

とある晩。
たまには居酒屋でひとり酒を…、と、
Leafに載ってた近所の居酒屋へ行ってみることに。

が、探せど探せど店がない。

まぁいいや…、見つからぬもの追わず、や。
とそのまま真っ直ぐ歩いて、以前から気になってたこの店へ。


『とり焼き からす天狗』/修学院

からす天狗

「以前」って言っても、居抜きで始めはったん去年くらいやったかなぁ。

入り口で靴を脱いで店内へ。
カウンターに座り、「写真撮っていいですか?」と訊くと、
「いいですよ。ブログですか?」と大将。
「あ、はい…、すいません」と答えると「お手柔らかに」って(笑)。
ちょっと早口やけど、人柄の良さそな大将です。

からす天狗
▲生ビール(450円)、付き出し(300円)

で、メニューを見ると、海鮮と地鶏がウリのよう。

からす天狗

今日は生モノの気分じゃないので、まずは海鮮の焼きから。
各席にはガスコンロが置いてあり、
かわいいスタッフさんが網を乗せてくれました。

この店、男性のひとり客が多いんです。
みんなこのスタッフさん目当てかな?(笑)

からす天狗
▲ホタテ焼(580円)
からす天狗
▲さざえ焼(350円)

ホタテは1個って注文したけど2個出てきました。
後で確認すると、伝票にはちゃんと1個だったので、
おそらく小ブリやったから2個にしはった感じ。
うん、さざえも旨い!

からす天狗
▲角ハイボール(500円)

では、鶏を。
と、今度は網を鉄板に換えてくれました。
ここでは、鶏も自分で焼くんですね。
なので、看板も「焼鳥」ではなく「とり焼き」ってワケです。

で、「もも」「三角」「なんこつ」を注文。

と、まずはピリ辛と甘ダレが入った3分割されたタレの小皿が来ました。
「もうひとつにはお好みで岩塩を削ってお入れください」とスタッフさん。

からす天狗

おおー、この岩塩を自分で削るんですね~。
どおりでさっきから、他のテーブルからゴリゴリ音がしてたワケだ(笑)。
これが結構大変。削っても削ってもなかなか溜まらない…(汗)。

で、しばらくして来ましたよー。

…え?!

からす天狗
▲三角(490円)、もも(490円)

ちょっと量が多すぎひん?!
三角なんて20粒以上ありそう。
490円はお値打ちやけど、これだけで腹ふくれるな~。

しかもまだ、もひとつあるねんなぁ…、ヤな予感…。
「お待たせしました!なんこつです!」

からす天狗
▲なんこつ(490円)

予感的中(笑)!これもむちゃ多い!!

「これホントに1人前ですか?」って思わず訊くと、
「これ出すたびに、(量多いので)損した気分になるんですわ」と大将(笑)。
なら減らしたらよさそうですが、大将は「ヤトワレ」なんだそうです。

これが、どれも旨い!
エエ鶏使ってはるわ~。

しかしさすがに味に飽きてきた…。
なので、コレをもらうことに。

からす天狗

おすすめの「にんにく塩だれ」。
鶏をこれにドブンとからませ焼くと、エエ味!また食える!

ほんまにどれもボリュームたっぷりで安い!
ここは大勢で来たらサイコーの店でしょうね~!
しかもこんなノミホメニューもあります。

からす天狗

とり焼き7品などがついてノミホ3時間(!!)で3980円て…!(笑)
また絶対みんなで来よ!と思わせるイイ店でした!

と、お勘定をしてもらってる間にこんなん見つけた。

からす天狗

「各種少量サイズ(半分)承ります 各250円」

えーーー!そんなんあったんや~!
じゃあ…、
またひとりでも来よっ~と!!

…あ、スタッフさん目当てじゃないよ…(笑)。


最後にいつものおやじギャ句
「ガスコンロ 足りなかったら 貸す、今度」

応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!

とり焼き からす天狗
京都市左京区山端川端町 [地図]
075-711-3100

ご意見、ご質問、などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
【1次会】とりくら
【2010年03月05日(金)UP】
1次会/03月03日>

3月3日の水曜会。
今日はひな祭り!から連想して1次会は鳥の店をチョイス。
だって、「ひな」と言えば「鳥」ですもんね!ちゃいま?(笑)


『とりくら』/烏丸錦小路

とりくら

ここは石の上で焼く鶏が名物だそうです。
では早速入りましょーー!

とりくら

おーーカウンターの照明が感じイイですね~。
何より総出で出迎えてくれたスタッフさんの元気さがイイ!

で、奥の座敷に通されました。

とりくら
▲角ハイボール(367円)、プレミアムモルツ(472円)

んじゃまずは乾杯!!
プレミアムモルツがこの値段は良心的やな~。

とりくら
▲付き出し(切干大根、湯葉豆腐、鯛柚子胡椒あんかけ)

うん、付き出しはどれもいい味。
最初はこういう優しいのがいい。

では、フードを注文しましょう。
名物の鶏の石焼メニューはこんな感じ。

とりくら

どれも安い価格設定ですね~。
「じゃあ、もも(609円)とささみ(546円)と…」と単品で注文しようとすると、
「よろしければ、おまかせ三種盛りもございますが」とスタッフさん。
3つの四角の中から1種ずつ選べるそうで、更に安くなるらしい。
「へぇ~。それじゃあもう1種はハート(409円)をお願いします」
計算してみると、ほんまや、200円ほどお得。

とりくら

と、オーダーが終わるとコンロに火をつけてくれはりました。
「弱火で徐々に温めますのでお気をつけください」
おー、これが鶏を焼く石版なんですね。

とりくら
▲やみつき白菜サラダ(525円)、イベリコ豚の生ハム(630円)

まずはスピードメニューから。
うん、このサラダのドレッシング旨い。生ハムはまぁ普通かな。

では!ここから「とり祭り」の始まり~!

とりくら
▲炙りもも肉のお造り(819円)

おおーこのタタキ旨いわー!食感がバッチグー!
醤油は「さつまじょうゆ」という少し甘めのなんですが、これ合う。

と、ここでじゅんじゅんさんponkichiポン吉が到着して再乾杯!

とりくら

で、石焼の肉が来ましたよーー!!

とりくら
▲おまかせ三種盛り(ハート、ささみ、もも)

「おおお~!」とみんなからどよめきが。
それくらいむっちゃぴかぴかの綺麗なイロツヤしてる!
しかもボリュームも結構ありますね~。

「ささみとハートはレアで、ももはしっかりお焼きください」
よっしゃ~!焼肉奉行の出番ですね~!(笑)

とりくら

前にもどこかの店で石焼したことがあるけど、
煙もほとんど出なくていいんですよね。

で、焼き上がりを食べてみると…、「んぐ!!!」

旨い!!!
むっちゃジューシーで柔らかくて旨い!!
一番のお勧めという「もも」がさすがにサイコーです!

とり祭り続行。

とりくら
▲せせり(472円)、ハラミ(504円)

どれもこれもまず見た目がエエわ~。で、ホンマ旨い!
こやって食べ比べると食感や味の違いがよくわかります。

ポン吉も、「ここは今年一番の店かも…」って。
まあ年一って言うのはまだ気が早い気もするけど(笑)、
でもそれくらい旨いですよね~。

とりくら
▲吉乃川/2合(1344円)、とりくら生春巻き(735円)

いや~、旨いもん食べると話も弾む。
今夜初参加のボクちゃんボクちゃんはますますヒートアップ!(笑)
ボクちゃんは自分のことを「ボクちゃん」って言うんですが、
その度に大ちゃん大ちゃんは「ボクちゃんて!」ってツッコんで笑うし、
あっこあっこもボクちゃんの話にハマリまくって笑いまくってるし、
みーんなが笑顔で楽しすぎの夜です。

さて、そろそろ2次会へ向かう時刻なんですが、
どーしても気になるメニューがあるんです。

「自称京都No.1!! 絶対必食!」

これだけ自信マンマンに謳われちゃ無視できませんよね~。
しかも、こんだけ「アタリ」の店で。

で、ラストに注文。
そのメニューとは…、

とりくら

「納豆爆弾オムレツ」(714円)!!

これが…、

これが…、

むっちゃ旨いーーー!!!!

納豆以外にいろいろ具材が入っててこれよぉできてる!
じゅんさんも「これ、発想がすごい!偉い!」て感心しきり。

では次に参りましょうか~と、お会計をしてもらうと、
「料理の分は10%割引させてもらいました」って。
「え??クーポンとかもないのに、何でですか?」と訊くと、
「気持ちです」やって。

いやー、気持ちまでサイコーの店でした(笑)!!
ご馳走様でしたーー!!


最後にいつものおやじギャ句
「ひな祭り 旨すぎ!鶏の ももに絶句」

応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


とりくら
京都市中京区錦小路烏丸東入ル すぎむらビル1F [地図]
075-213-5859

【参加者】ヒノッチponkichi大ちゃんボクちゃんあっこじゅん
【お支払い】19450円(フード10%OFF)/6名
【お邪魔時間】1時間40分

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、
hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
【1次会】串虎
【2010年02月19日(金)UP】
1次会/02月17日>

では!今夜の1次会の店へ!

住宅街の細いくてわかりにくい路地を入ったトコにあるその店は、
有名人も多く訪れ、週末はいつも予約で満席という人気なんです。


『串虎』/西院

串虎

「串虎」という店名なので串屋かと思いきや、
鶏の「ちゃんこ」と「すきやき」の2枚看板のお店。
いや、2枚看板と言うよりメニューはその2つだけなんですよね(笑)。

串虎

私の知り合いにこの店の常連サンがいて、
以前連れて来てもらい、その素材の良さに感動!!
いつか水曜会で…、とずっと思ってて今夜やっと実現しました。

ここからじゅんじゅんさんと、初参加のヤンチヤンチが参加し今夜のメンバーは10名に。
なのでちゃんこととりすきを5人前ずつ予約しました。

串虎

左がちゃんこ組、右がとりすき組のテーブル。
私は右へ。座るとすぐとりすきの鶏が来ました。

串虎

おーーいろんな部位が盛ってますね~。
しかも見た目でわかるそのぷりっぷりっさ!

串虎

野菜も登場し、勢ぞろいしたトコでここのママが、
「邪魔やろけど堪忍してや」とテーブルの端に座り、
ちゃんこととりすきを作り始めてくれはりました。

串虎
▲ちゃんこ鍋

で、ここで瓶ビールで乾杯!
いやー、楽しい宴になりそうですよ~!

串虎

と、登場したのが鶏のたたき。

串虎

こりゃ旨そうだ!と箸を伸ばそうとすると、

串虎

「はい、皿出して。ひとり3切れずつあるしね」
と、これまたママが取り分けてくれはる。
おーー、いたれりつくせり殿様気分!(笑)

このたたき、もっと歯ごたえあるのかと思ったら柔らかい。
しゃきしゃきの九条ねぎとの相性バツグンです。

串虎

たたきを食べ終わる頃、とりすきも出来上がってきました。
「じゃあ、みんな卵を割ってね。1つじゃ足らんよ2つずつ」。
ママのこの計ったかのようなタイミング!完璧です。

串虎

この卵もエエやつですね~。

「はい、じゃあこの辺りは出来たから取ってね」
「いただきまーす!!」

いろんな部位を取って、卵にからめて食べると、
旨ーーーーーい!!

身はこりこりでジューシーやし、産道も珍味。
肝もたまひももすんごい濃厚。
これはクセになる旨さやーー!

串虎

で、タツ兄タツ兄が焼酎を頼むと、
「グラスにする?一升瓶にする?」とママ。
「じゃあ、一升瓶で」と答えると、
「もし飲みきれなかったら、その分店で買い取ってあげるし」やって。
ほんま、すごいイイ店ですね~!

さて、ちゃんこ鍋はどないやろ?
ちゃんこ組のあっこあっこに聞いてみると、

「最初からお鍋に入ってたじっくり煮込んだ玉ねぎが美味しい!
さらに太くて立派な葱からの自然な甘みが出ていて鶏肉とよくあってます」

そうなんです。
ここ、肉もそうやけど、野菜にもむっちゃこだわってはるんです。
なので、ママの気に入る野菜が取れない間は店を閉めはるんです。
なんとその期間、半年間!!
1年の半分しか開店してないんですよね~ここ(笑)。


そしてちゃんこ組には最後のご褒美が。

串虎

こんなに綺麗な霜降りの牛しゃぶがひとりに1枚ついてます!

串虎

で、〆。

とりすきには中華そば、ちゃんこはぞうすい。
すき焼きの後って、たいがいうどんか米やけど、
この中華そばがむちゃんこ合って旨いんです!

串虎

最後にデザートも出してくれはってご馳走様。
メニューには金額が書いてないので、超気になってた会計ターイム!

飲み物は他にビール10本ほど…、

で、ひとり5200円でした!

いつもの水曜会の1次会としては高めの金額やけど、
これだけのものを頂いてこの金額はかなり安い!!

いやー大満足でしたねー!

え?一升瓶の余りは買い取ってもらったかって?

はい、みんなでぜーんぶ、飲み干しましたー!(笑)

ちなみにココ、ちゃんこは2人から、とりすきは3人から予約でき、
とりすきは1日9人前まで、だそうです。

じゃ、次へ参りましょう~。
ご馳走様でしたーー!


最後にいつものおやじギャ句
「とりすきが 旨くて皿に とりすぎや」

応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


串虎
京都市右京区西院北矢掛町 [地図]
075-314-5021

【参加者】ヒノッチガイオヒノッキダルマッシュタツ兄大ちゃんニッシーヤンチあっこじゅん
【お支払い:52000円/10名】
【お邪魔時間】1時間40分

ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、
hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
【1次会】常木屋
【2010年01月22日(金)UP】
1次会/01月20日>

今夜の1次会は、昨年1月にも来た焼鳥屋サン。
ちょうど1年ぶりなんですね~。

1年前のある水曜会の際、
1次会の店を出て「2次会どこ行こ~?」となった時、
たんちんタンチンが「僕の好きな焼鳥屋はどお?」と
連れて来てくれたんでした。

当時まだこのお店はOPENしたトコやったけど、
料理を食べて「絶対この店流行るわ!」って思ったけなぁ~。


『常木屋』/綾小路東洞院

常木屋

なんて思い出しながら外観を撮影させてもらい、
店内に入るとお客さんがいっぱい。
やっぱり流行ってはる~!

実は先日もここを予約しようとTELしたら、
「その日は団体さんのご予約も入ってまして満席なんです」の返事。
ほんまスゲ~わ。

常木屋

奥のテーブルへ通してもらいヒノッキヒノッキと待ってると、
くまちゃんくまちゃん大ちゃん大ちゃんじゅんじゅんさんが続けて到着。

常木屋
▲サッポロ生ビール中(500円)、付き出し

今夜参加するあと3人は遅れるらしいので、先に5人で乾杯。
んじゃ、軽~く料理も始めましょうか~。

常木屋
▲とりのたたき(550円)

このたたき、むっちゃエエ味や~!歯ごたえも抜群。
玉ねぎとガーリックチップを巻いて食べたら更に旨い!!

常木屋
▲自家製厚揚げ(400円)

そしてここではコレでしょ~!
この厚揚げが超絶品!!
厚揚げを一回揚げてからまた焼くそうなんですが、
外はパリっ!中はフワっ!たまらん食感、むちゃ旨いっ!

実は昨年の「水曜会ランキング」をメンバーにアンケートした時、
みよしんみよしんはこの店を第1位に推してたんです。
「あの厚揚げの味が忘れられないのでございます」って(笑)。
いやいやわかる。それほど旨い!

あかん、軽~くのはずがイキオイついてもた。
もう、待っとられん!串もいぐでーー!

常木屋
▲こころ(1本140円)、み(1本200円)

このこころ肉厚で大きいわ~!味もサイコー!
みは京赤地鳥のもも肉だそう。これも旨い。

常木屋
▲はさみ(1本140円)、なんこつ(1本140円)
常木屋
▲皮(1本120円)、白きも(1本150円)

あかん、完全にガッツリ食べコースになってもた(笑)。

しかし白きももGOOOODやわ~!いやーレベル高い!
やっぱりここの焼鳥はどれも旨いです!

と、やっとponkichiポン吉まるちゃんまるちゃんが到着して再乾杯!
ゴメンな~、先に始めてまっす!

常木屋
▲桃の滴(2合/1200円)、ハイボール(450円)、純ハイ(450円)

くまちゃんもこの店には友達に教えられて何回も来てるらしい。
先日の予約が取れなかった時の話しをすると、
「あ、その日の団体の予約したんはその友達ですわ」
えー、そうなんですか?世間セマ~!

と、「その友達って、あの娘です」
ってカウンターを指差さはった。
見れば綺麗な女性がひとりで飲んではる。
え?!今日も飲みに来たはるん?しかもひとりで?(笑)

常木屋
▲せせり甘辛揚げ(550円)

聞けばそのお友達は、この店を経営してはるご夫婦が、
以前大手焼鳥チェーン店をしてはった時からの常連らしい。
タンチンと同じやわ~。
ま、おそらくタンチンはひとりでは来てないやろけど(笑)。
しかしみんな、このご夫婦の人柄に惹かれるんやろな~。

常木屋
▲卵鶏(780円)

この卵鶏(たまごどり)ってのは、
卵を産むために育てられた品質管理の高いメス鶏だそう。
「しっかりとした歯ごたえ」の説明文にソソラレて注文。

常木屋
▲サンタリタシェントペインテ/ハーフ(1500円)

と、先週初参加してくれたほーちゃんほーちゃんがよーやく到着!
「仕事で遅くなりましたぁ~」
それはそれはお疲れ様~!

常木屋

おっと気づけば2次会の予約時刻まであと15分やん!
みんな~急いで食べてしもて~!

常木屋
▲三角(1本120円)、万願寺とうがらし(1本160円)

やっぱり居心地エエ店は時間経つの早いねぇ~(笑)。
じゃ、次行ぐでーー!ご馳走様でしたー!


最後にいつものおやじギャ句
「常木屋サン 人気で予約 トリニクい」

応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


常木屋
京都市下京区綾小路東洞院東入ル [地図]
075-351-8769

【参加者】ヒノッチponkichiヒノッキ大ちゃんじゅんくまちゃんまるちゃんほーちゃん
【お支払い】27550円/8名
【お邪魔時間】1時間40分

ご意見、ご質問などメールはhinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
【3次会】焼鳥居酒屋 どん
【2009年11月22日(日)UP】
3次会/11月18日>

「ボクはここで…」って大ちゃん大ちゃん2次会までで帰宅。

残った5人で「んじゃ3次会はドコ行こ~?」
毎週水曜会は1次会と2次会は店を予約しているんですが、
3次会以降は行き当たりバッタリ。

この寒空の下、うろうろしてたら凍死するしハヨ決めよ。
と、ponkichiポン吉が「じゃあ”60円”行きましょう」。


『焼鳥居酒屋 どん』/柳馬場六角

どん

水曜日は焼き鳥が1本60円の「どん」サンですね~。
ん?店の写真撮ろうとしたら前に凸凹カップルが…。
あ、ポン吉とさーりさーりか。
しかしこの2人、ドエライ身長の差があるなぁ(笑)。

どん

じゃあ、店内へ。
おお、さすがに1Fは満席。

どん

今夜はずっと満タン状態やってんろーなぁ。
焼き場のスタッフさんの着る60円Tシャツも、
心なしかくたびれて見えます。

どん

「5人なんですが」とスタッフさんに聞くと、「お2Fへど~ぞ!」

どん

壁にもクーラーにも落書きだらけのやんちゃな2Fへ。
放送禁止マークとか写ってないかチト心配(笑)。

どん
▲生中(500円)、ハイボール(500円)、グラスワイン(480円)、英勲(480円)

じゃあ今夜最後の乾杯ですね~!

ま、ダルマッシュダルマッシュはもう1軒行くやろうけどね(笑)、と言うと、
「どこ行くん?どこ行くん?」とじゅんじゅんさん
冗談冗談、まだじゅんさん飲み足りひんの?(笑)

どん
▲付き出し、冷奴(250円)

ではでは、60円焼き鳥を頼みましょ~!

どん

60円になるのは11種。
通常のほぼ半額やもんなぁ~安いわ~。

どん
▲レバー、なんこつ、手羽先(各60円)
どん
▲鮭ハラス焼(580円)
どん
▲砂ずり、さんかく、もも、ねぎま(各60円)

さすがに3軒目ともなると、あんまり飲み食いできませんね~。
このブログの話とか、ダルマッシュのオモロな人生の話とか、
必然的に口は食べるよりしゃべるほうに動かしてます(笑)。

どん
▲赤ワイン(2000円)

このまず~いワインを飲みながら(笑)、
5人で楽しく語らってると、お開きの時刻になりました。

では帰りましょう!

と、「ほんとに帰るのン?」
じゅんさん、まだ言ってる(笑)。
「ボクは明日仕事早いんで…」とダルマッシュ。
「な~んだ…」と残念がるじゅんさんに、
ポン吉が、「じゃあ…もう1軒行きますか」
「うん!!行く行く~!」
あはは、気の済むまで付き合ってあげて~!(笑)

お先~~!


最後にいつものおやじギャ句
「もう一軒? 無理無理帰る もう行けん」

応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


焼鳥居酒屋 どん
京都市中京区柳馬場六角西入ル [地図]
075-213-3938

【参加者】ヒノッチponkichiダルマッシュさーりじゅん
【お支払い】9600円/5名
【お邪魔時間】1時間5分

ご意見、ご質問などメールはhinocchi1@gmail.com までど~ぞ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。