プロフィール

ヒノッチ

Author:ヒノッチ
いらっしゃいませ~!
毎週水曜日、メンバーと京都の色々な店をハシゴした模様を綴っております!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

それ行け!水曜会!!
京都で飲んで食べて飲んで飲んで食べて飲んで飲んで…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【裏水曜会】呑津吉~どんつき~
【2010年05月18日(火)UP】
<裏水曜会(2)>

絶品鯖寿司を食べて、お次はドコ行こナニ食お?!

と、ここでガイオガイオ情報。
「寺町御池を上がると細い路地があり、その奥に店があるらしい」

そんなトコに細い路地なんてあったっけ?

と、2人で向かってみると、「あ、ヒノッチ、ココ!」とガイオ。

呑津吉

「ん?ドコ?」
「ほら、ココに路地が」

呑津吉

「お、ほんまや~。こんな路あったんや~」
路地ってより、テナントビルの廊下ですね。

引き込まれるように奥にずんずん進むと、看板が。

「この先、行き止り」

呑津吉

ほら~、行き止まりやん…、ん?!
その下には「」の文字!!(わかってたけど)お~、ここか~!

「ごゆっくり、おくつろぎく下さい。」

あらら、そうですか?ならば!!

くが一個多い気もしないでもないですが、
おくつろがくせていただきましょう~。


『呑津吉~どんつき~』/寺町御池

呑津吉

と、店に入り、奥のカウンター席へ。
結構広い店内。水曜会でも十分来れるスペースです。

いや、最近、水曜会の参加者が減少傾向やから、広さは無用か…(涙)。

呑津吉

カウンター内の大将に「写真撮ってもいいですか?」と訊くと、
「あ、ええ、どーぞ。あの、お好きにどーぞ」。
まだ、こういう商売に慣れてはらへんのかな、って感じです。

一緒に働いてはる女性は、雰囲気からして大将の奥様。
脱サラして2人でやり始めはった、ってトコかな~?

呑津吉
▲生ビール(450円)

メニューは「定番」「本日のおすすめ」などいろいろあります。
しかも、おすすめ品はほとんど300円、という嬉しい設定なんです。

呑津吉
呑津吉

と、メニューを見てたガイオが、
「大将、何で出し巻きに『?』がついてるの?」

呑津吉

ン?ほんまや。
「出し巻き玉子?」ってなってる。
ただのミスプリでしょ~、と思いきや、思いがけない答えが!!

「あぁ、たまに出し巻きにならないことがありますんで…」

「え?!」

「いまだに、巻くのを失敗することがあるんですよ…」
「はぁ…」
「なので、出し巻きになるかわかりませんよ、の、『?』なんです」

あはは、やっぱり脱サラ系か~(笑)。

ならば、成功か失敗か試してみたくなるのがギャンブラー。
「じゃあ、ひとつください!!」


と、しばらくして出てきたのは…、

呑津吉
▲出し巻き玉子?(400円)

お見事な成功バージョン!
ってか、味も食感もむっちゃイイ!大成功ですやん!!

もう一丁大将にお勧めを聞くと、
「お腹すいてはるなら」の前提で「かき揚げが人気あります」。

呑津吉
▲桜海老かき揚げ(580円)

おおーー、ほんますごいボリューム!
旨いし、なんといっても安い!

店にいたご夫婦の小さい娘さんに遊んでもらいながら(私もガイオも子供にはモテる)、
酔いも胃もイイ調子になって来て、そろそろ次の店へ!

いや~、なかなかイイ店でした!
しかも、朝11:30からやってはるのが有難い。

次回は、出し巻きの失敗作も見てみたいし(笑)、またみんなで来よ~っと。
今夜のツアーは、まだまだ続く…。


最後にいつものおやじギャ句
「『?』 失敗作でも 食えっしょん」

応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


呑津吉~どんつき~
京都市中京区寺町通御池上ルトミタヤビル1階奥 [地図]
075-231-1617
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260202/26014051/

ご意見、ご質問、などメールは、hinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suiyo.blog44.fc2.com/tb.php/621-d988afa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。