プロフィール

ヒノッチ

Author:ヒノッチ
いらっしゃいませ~!
毎週水曜日、メンバーと京都の色々な店をハシゴした模様を綴っております!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

それ行け!水曜会!!
京都で飲んで食べて飲んで飲んで食べて飲んで飲んで…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2次会】キッチン・ゴン 御所東店
【2010年02月06日(土)UP】
2次会/02月03日>

1次会の時、「今夜はゆきやんは不参加?」とショージンショージン
「ええ、そうですよ」と答えると、
「今からおいでってメールしてみよっと」と携帯をポチポチ。
今から?
まぁ来んやろ~、と思ってると数分後、
私の携帯にゆきやんゆきやんからメールが届き、
2次会から参加させていただきます」って。
マジで?!
晩御飯も済んでたらしいのに、ほんまエエ娘やわ(笑)。

で、総勢10名となって向かう店は、
昨年7月にOPENしたキッチンゴンさんの2号店。
本店はピネライスで有名な洋食屋サンですね。


『キッチン・ゴン 御所東店』/河原町丸太町

キッチン・ゴン

予約しなかったので入れるかな~と思いつつ、
店に入り「10名入れますか?」と尋ねると、
「う~ん、奥はいっぱいなので、カウンターでよければ…」
「全然OKです!」

という訳で、10名が横並びに座ることに。

キッチン・ゴン

では、ドリンクから。
ボトルワインもあると言うことなので赤と白を1本ずつ注文。

キッチン・ゴン

んじゃ乾杯しましょう~!
しかし、写真のアングルが難しいな…(笑)。

キッチン・ゴン
▲サッポロ生ビール(500円)

で、問題はフード。
横並びでは注文も取り分けも難しいですやん。

キッチン・ゴン

ならば…、3人ずつを1チームとして、
各チームで好きなのを注文してもらうことに。

キッチン・ゴン

この店、ピネライスが12種類もあるんですね~。
本店にはこんなに種類がなかったような…。

まずはコーンスープが来ました。

キッチン・ゴン

で、フードが続々やって来たーー!

キッチン・ゴン
▲厚焼き玉子サンド(850円)
キッチン・ゴン
▲ハンバーグステーキ(1050円)
キッチン・ゴン
▲カニ玉子入りコロッケ(850円)

おおーー!さすがにどれも旨い!
取り分けが難しい、って思ってたけど、
各チームからちゃんといつものように色んなモンが回ってくる(笑)。

キッチン・ゴン
▲カキピカタ(1050円)

カキピカタって初めて食べたけど、かなり旨い!
これを注文した大ちゃん大ちゃんに、
「カキピカタ好きなんですか?」と訊いてみると、
「僕も初めて食べました」って。
「じゃあなんで注文を?」と尋ねると、
「ちょうど目の前に『カキピカタ』って書いてあったんで」
あはは、そのテキトーさが大ちゃんらしいわ(笑)。

で、名物ピネライスで〆。

キッチン・ゴン
▲ピネライス/豚肉(850円)

チャーハンの上にカツ(豚か牛)を乗せ、カレーをかけたもの。
これが旨い!さすが名物!の旨さやわ~!
本店でランチで食べた時より旨く感じました。
ま、それは酒のせいかな(笑)。

いやしかし、さすがに腹ふくれまくりましたね~。
次、まだ行くのん?行けるのん?
「帰るわけないしょー」とショージン。
あぃ、そりゃそうですね、
天下の水曜会サマが2次会でジエンドなんてありえない。
んじゃ、行きまひょ行きまひょ3次会

うー、腹重い…(笑)。


最後にいつものおやじギャ句
「カキピカタ 旨そに食ってる ガキ見たか?」
 
応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!

キッチン・ゴン 御所東店
京都市上京区河原町丸太町下ル オーキッド山下1F [地図]
075-255-5300

【参加者】ヒノッチponkichiリュウサマショージン大ちゃんshinコロあっちゃんゆきやんまるちゃん
【お支払い】14750円/10名
【お邪魔時間】1時間20分

ご意見、ご質問などメールはhinocchi1@gmail.com までど~ぞ!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suiyo.blog44.fc2.com/tb.php/517-4c9ea917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。