プロフィール

ヒノッチ

Author:ヒノッチ
いらっしゃいませ~!
毎週水曜日、メンバーと京都の色々な店をハシゴした模様を綴っております!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

それ行け!水曜会!!
京都で飲んで食べて飲んで飲んで食べて飲んで飲んで…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1次会】スペインバル Sesamo
【2009年08月07日(金)UP】
1次会/08月05日>

水曜会の1次会の店は、約1週間前に仮予約し、
1~2日前に最終人数を再度連絡、と、店に電話を2度かけるんです。

今夜の店にも同じように電話したんですが、
2度とも忙しそうに電話に出はって、忙しそうに話さはるから、
かな~り人気のある店なんやろな~と思ってました。


『スペインバル Sesamo』/河原町三条

sesamo

この階段を下りた地下1Fですね。

sesamo

ドアを開けるとカウンターが。
結構こぢんまりとした店なんや~と思いつつ、「すいませ~ん」。
ん?返事がない。
「すいませ~ん!」

sesamo

「すいませ~ん!」
「あ、はいはいはい」
店主さんとおぼしき人。やっぱり忙しそうにしてはる(笑)。
「奥の席へどーぞ」

sesamo

ヘエ、店内はL字型で、奥にも席が結構あるにゃ~。
お客さんも多いです。
では、まずは乾杯から。

sesamo
▲CAVA/PRIVAT(4100円)、ALMAGRO(3100円)

スパークリングと赤ワインを1本ずつ頼んで、

sesamo

乾杯!

この店、たった2人でやってはるんです。そりゃ忙しいわな~。
案の定フードもなかなか来ないまま、ボトルが2本とも空き「もう1本!」(笑)。

sesamo
▲スペイン・マラガ産ハモン・セラーノ(2人前/1300円)
sesamo
▲焼野菜のコカ(2人前/1060円)

うん、普通に旨いですね。
でも、2テーブル使ってるんで、いちいち回さなきゃならないし、
1人前ずつ2つの皿にしてほしかったな~。

と、ponkichiポン吉到着で再乾杯。

sesamo

と、話題は先日のブログの内容。
タツ兄「ヒノッチ、休みの日に掃除と洗濯とは痛々しいなぁ」
ヒノッチ「そーなんですよ」
タツ兄「だれか掃除に行ってあげれば?」と女性陣を見ると、
みよしん「日当もらいますよ」
タツ兄「日当って、龍門のラーメンとか?」
コロあっちゃんみよしんあっこ「そうそう」

ラーメン1杯でエエんか~い!
ならホンマに頼んじゃうで~!(笑)

sesamo
▲鶏なん骨のオーブン焼(530円)

フードが来るペースが遅いから、ゆっくり食べれてそれはそれでいいんですが、
その分、ワインがどんどん空いていく。もう4本目です(笑)。

sesamo
▲エスカルゴ激辛煮込(740円)

おーこりゃ結構辛い。タツ兄タツ兄は思わず「パン!(320円)」を注文。
撮り忘れたんですが、このパンが外サク内フワでむっちゃ旨い。
激辛トマトソースとよく合います。

sesamo
▲パンコントマテ(2人前/1060円)

最後に軽~く炭水化物で〆ると、そろそろ2次会を予約してる時刻。

会計のあっちゃんあつごんに清算してもらうと、ひとり2300円!安っ!!
じゃ、次に向かいましょう。
ご馳走様でしたーー!


最後にいつものおやじギャ句
「スペインの 料理は少し 待ッドリード」

応援クリックお願いいたします!
ありがとうございます!!


スペインバル Sesamo
京都市中京区河原町三条上ル一筋目東入ル エビス会館B1 [地図]
075-251-0858
http://sesamo.okoshi-yasu.net/

【参加者】ヒノッチponkichiダルマッシュ2タツ兄大ちゃんコロあっちゃんみよしんあっこ

【お支払い:20310円/9名】
【滞在時間】1時間28分


ご意見、ご質問、水曜会に参加してみたい!などメールは、
suiyokai@kobej.zzn.comまでど~ぞ!
この記事に対するコメント

んんん~o(;>ω<;)o
自分でハードル上げて困ってしもてる…ガイオですっ!

スペインバル…エスカルゴを辛く煮込んだやつマイウーそうやん?
ニンニク好きなもんで…たまらんっす!


では…今日の裏ブクロ…
「お父さんのお弁当」

トントントン…少女が新聞配達から帰ると台所から包丁の音が聞こえます。
少女は少し憂鬱な気分になりました。
今日は遠足の日です…

少女は小学3年生…
小学校に入学した年にお母さんが亡くなりました。
それから、貧しいながらもお父さんと二人で一生懸命に暮らしています。
少女は家計を助けるために今年から新聞配達もするようになりました。

少女が台所に行くと…お父さんが「今日の弁当は特別製やで!」と言いました。
作りかけのお弁当…見ると色も地味でおにぎりの形も悪くて…とても「特別製」とは思えません。
でも、少女は「美味しそうやね。ありがと!」とニコッとししました。お父さんは「よかった…」と安心します。

遠足のお弁当の時間…友達と一緒にお弁当を広げます。
見ると…友達のお弁当は彩りも良く、おにぎりの形も綺麗でとても美味しそうです。
少女は恥ずかしくなって「お父さんのお弁当」を隠すようにして、急いで食べてしまいました。

ある時…少女は遊びに夢中で、お父さんに買ってもらったばかりのズボンの膝を破いてしまいました。
家に帰って…「お父さんに怒られるだろうな」と思いながらズボンを出すと…
お父さんは「おまえは元気があってエエなぁ~お父さんが直してやるし心配せんでエエで。」と言いながら破れたズボンを縫い始めました。
出来上がりは…ミミズが這った跡のようで…少女はそのズボンを履くのが恥ずかしくなってしまいました。

時が過ぎ…小学校を卒業した少女は、一日も新聞配達を休まなかったので、新聞社から表彰されました。


その時の作文です…

・・・・・新聞配達を一日も休まずにできたのはお父さんのおかげです。

朝、眠くて起きられない時…必ず、お父さんが私を起こしてくれました。

仕事で遅くなり、ちょっとしか寝ていない時でも…毎日、朝ご飯を作って待ってくれていました。

雨で新聞配達が遅れた時は、心配して迎えに来てくれました。

本当は…この表彰はお父さんの表彰なんです。

私はお父さんの子どもで本当によかったと思っています。

今では…お父さんが縫ってくれたズボンも堂々と履けます。

お父さんが作ってくれたお弁当も…「これ、お父さんが作ってくれたんやで!」と皆に言えるし、とっても美味しいです。

「お父さんのお弁当」は世界一のお弁当です。


お互いを思いやる気持ちと感謝の気持ち…忘れたくないですね。
【2009/08/07 18:21】 URL | ガイオ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suiyo.blog44.fc2.com/tb.php/331-7bebe076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。